使いやすいドアの選び方|玄関ドアリフォームの価格を確認して家をリフレッシュさせよう

玄関ドアリフォームに大切なポイントを大公開!

玄関の重要性

玄関は家の顔であり防犯対策の重要な場所でもあります。もし、外観や防犯対策のために玄関ドアリフォームを検討しているなら、業者選びは慎重に行いましょう。また、一度付け替えてしまうと何年も交換ができないのでつけてもらうドアをしっかり選ぶことが大切ですよ。

失敗しない業者選びのコツを伝授!

会社の実績を確認すべし

リフォーム施工業者は、地域密着型のところから大手企業まで沢山あります。その中でまず確認すべきなのが、玄関ドアリフォームの施工実績があるかどうかです。
施工実績が豊富であるほど経験を沢山積んでいるので、技術が高い証拠になります。また、利用しようと考えている業者がどんな分野の工事が得意なのかも確認しておく必要がありますよ。
大手企業だから施工が上手いと過信したり施工価格が少し高いから信頼できる業者だと思ったりせず、しっかりと業者を見極めることが大切ですよ。

見積もり費用を見極めよう

施工業者の候補がいくつか決まったら、その会社に見積もり依頼を出しましょう。そうすることで、公式サイトに書かれている目安価格ではなく施工料金を詳しく知ることができるからです。また、見積もりを怠るとリフォームしてもらった後に聞かされた金額に驚く場合も少なくありません。それを回避するためにも見積は大切なものなんです。
取り付けてもらうドアの種類によって施工価格が変動するので注意が必要です。

施工後の保証に注目

玄関ドアリフォーム後も保証やアフターサービスがあるから大丈夫と過信せずに、内容をしっかり理解しておきましょう。もし、詳しい情報が分からないのであれば、専門業者に問い合わせて確認するといいですよ。その上で必要なサービスなのかを検討しましょう。

使いやすいドアの選び方

扉

子供や高齢者の方でも簡単に使える製品を選ぶ

玄関ドアリフォームは頻繁に行なうものではありません。そのため、子供が生まれたときや自分の親が来たときなどを想定して使いやすいドアを選びましょう。
そのときには、どこを掴んでも開閉が楽にできるタイプのものやドアがゆっくり閉まるものを選ぶのが好ましいですよ。

段差が少なく開閉部分の広さに注目

長い間暮らしていると、大きい荷物の出し入れをすることも沢山あります。また、車椅子やベビーカーでの出入りをすることもあるかと思います。開閉部分が広いドアなら、余裕をもって移動することが可能ですよ。段差がないドアなら車椅子などのキャスターが突っかかることがないので、スムーズに出入りできるのが魅力ですよ。

ドアでの怪我が防げる製品を見つけよう

毎日使うドアだからこと玄関口でつまずいたり指を挟んだりするリスクがあります。それを回避するためにもドアの先端にクッションが付いてるものや開閉がゆっくりな製品を選ぶといいですよ。そうすることで、予期せぬ怪我を未然に防げますよ。

広告募集中